TOP > 建替え事例 > その他の建替え事例 > 阿佐ヶ谷住宅
<中層棟とテラスハウスの混在した大規模団地の建替え>
従前マンション名称(供給元) 阿佐ヶ谷住宅(日本住宅公団)
所在地 東京都杉並区成田東
  建替え前 建替え後
建物建築時期 昭和33年(1958年)竣工 平成28年(2016年)竣工予定
敷地面積 約48,000㎡ 43,170.48㎡
延床面積 約17,150㎡(総専有床面積) 約45,874㎡(総専有床面積)
建物形状 階数・棟数 地上3・4階建 7棟、地上2階建 45棟      地上2~6階建 17棟
構造 鉄筋コンクリート造、コンクリートブロック造 鉄筋コンクリート造
住戸の状況 総戸数 総戸数350戸(内住戸350戸) 総戸数575戸(内住戸575戸)
間取り 3DK 2LDK~4LDK
各戸専有面積 44.2㎡・47.2㎡・52.7㎡ 57.57㎡~110.40㎡
総会決議等

区分所有法による建替え決議を実施

事業手法 全員合意による任意建替え(等価交換方式)
仮住居の確保方法 民間賃貸住宅等
補助制度等の利用状況 なし
建替えを必要とした理由
老朽化
特徴等
善福寺川緑地に南面した閑静で緑豊かな立地
敷地面積約5ha、中層棟とテラスハウスの混在した総戸数350戸の大規模団地の建替え
区分所有法制定前の竣工で、土地の権利形態が複雑に入り組んでおり、マンション建替え円滑化法の適用が難しく、全員合意の等価交換方式を採用
経緯
平成7年   再開発委員会発足
平成8年   ㈱INA新建築研究所をコンサルタントに決定
平成10年   ㈱間組(現:㈱安藤・間)を事業協力者に選定
平成15年 3月 野村不動産㈱を事業協力者に選定
平成18年 11月 建替え決議成立
平成21年 6月 都市計画決定
平成23年 8月 等価交換契約締結開始
平成25年 3月 解体工事、開発工事着工
平成26年 10月 新築工事着工
平成28年 12月 全街区竣工(予定)
コンサルタント・事業協力者等
設計・コンサルタント ㈱INA新建築研究所
事業協力者

野村不動産㈱・㈱間組(現:㈱安藤・間)

施工

㈱安藤・間、西武建設㈱、前田建設工業㈱

 
建替え前   建替え後完成予想図
阿佐ヶ谷住宅
プラウドシティ阿佐ヶ谷
<< BACK
マンション再生協議会