TOP > 建替え事例 > その他の建替え事例 > シンテンビル(左門町ハイツ)
<容積率既存不適格マンションの建替え>
従前マンション名称(供給元) シンテンビル・左門町ハイツ((財)首都圏不燃建築公社)
所在地 東京都新宿区左門町
  建替え前 建替え後
建物建築時期 昭和37年(1962年)竣工 平成28年(2016年)竣工
敷地面積 554.47㎡ 531.38㎡
延床面積 4,068.49㎡(登記簿面積) 3,560.81㎡
建物形状 階数・棟数 地上11階 地下1階建 1棟      地上12階 地下1階建 1棟
構造 鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造
住戸の状況 総戸数 総戸数29戸(内住戸28戸) 総戸数37戸(内住戸36戸)
間取り 3K、3K+納戸 1K、1LDK、2LDK
各戸専有面積 約43㎡・約50㎡ 25.71㎡~53.79㎡
総会決議等

区分所有法による建替え決議を実施

事業手法 全員合意による任意建替え(等価交換方式)
仮住居の確保方法 区分所有者各自で確保
補助制度等の利用状況 なし
建替えを必要とした理由
建物の耐震性能への不安(建替え推進決議の直前に東日本大震災発生)
セキュリティへの不安
赤水の常態化、雨漏りの多発、エレベータの交換時期等の老朽化
地上権設定契約期限の接近(60年契約)
特徴等
容積率既存不適格マンションの建替え、総専有床面積3,214.61㎡(公簿)が2,476.22㎡に減少
事務所区画が従前は地下1階から4階までを占めていたが、事前の意向調査で、事務所区画区分所有者が面積を減らす方向が確認でき、また、転出を希望する住戸部分の区分所有者が半数以上あり、全ての再入居希望者の取得が可能となった
地上権マンションの地上権のままでの建替え
経緯
平成21年   マンション再生検討開始、修繕・建替え検討委員会設置
平成23年 3月 建替え推進決議
平成23年 6月 旭化成不動産レジデンス㈱を事業協力者に選定
平成23年 7月 建替え計画委員会設立、第1回説明会開催
平成23年~ 25年 説明会及び個別面談実施
平成25年 2月 建替え決議
平成26年 2月 解体着工
平成26年 8月 本体着工
平成28年 1月 竣工
コンサルタント・事業協力者等
コンサルタント ㈱インデックスコンサルティング
事業協力者

旭化成不動産レジデンス㈱

設計 ㈱風光舎
施工

松尾建設㈱

 
建替え前   建替え後
シンテンビル
シンテンビル従後
<< BACK NEXT>>
マンション再生協議会