TOP > 建替え事例 > その他の建替え事例 > キャナル晴海
<都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業>
従前マンション名称(供給元) キャナル晴海
所在地 東京都中央区晴海三丁目
  建替え前 建替え後
建物建築時期 昭和42年(1967年)竣工 平成21年(2009年)竣工
敷地面積 1883㎡ 6544㎡
延床面積 9847㎡ 74281㎡
建物形状 階数・棟数 地上12階建 1棟      地上49階建 地下1階建て 1棟
構造 鉄筋鉄骨コンクリート造 鉄筋コンクリート造
住戸の状況 総戸数 戸数128戸(内住戸128戸)/事務所.倉庫 住戸736戸(内住戸736戸)/店舗。事務所
間取り - 1K~3LDK
各戸専有面積 平均54.59㎡ 43㎡~105㎡
総会決議等

都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業

事業手法 都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業
仮住居の確保方法 直接移転
補助制度等の利用状況 国庫補助金、地方公共団体分担金
建替えを必要とした理由
老朽化、市街地再開発事業の施行
特徴等
新たに建設された建物「ベイシティ晴海 スカイリンクタワー」は、再開発事業により建設された736戸の住宅棟。このうち、126戸をキャナル晴海の権利者、610戸を独立行政法人都市再生機構が取得。機構の取得した610戸のうち、243戸は中央区が機構から借り受けて地区内の従前借家人が居住する住宅として使用、残りは機構賃貸住宅。
経緯
平成12年 4月 地区採択
平成15年 1月 都市計画決定
平成18年 1月 事業計画認可
平成18年 8月 権利変換計画認可
平成18年 8月 本体着工
平成21年 12月 竣工
コンサルタント・事業協力者等
再開発事業の施行者 独立行政法人都市再生機構
施工者 戸田・鴻池・大木建設工事共同企業体
 
建替え前   建替え後〈左の建物が従後の建物)
<< BACK NEXT>>
マンション再生協議会