TOP > 建替え事例 > 建替法による建替え事例 >メゾンドール早稲田
<隣接施行敷地(国有地)との一体化による建替え>
従前マンション名(供給元) メゾンドール早稲田
所在地 東京都新宿区戸山3丁目
  建替え前 建替え後
建物建築時期 1971年竣工 2020年6月竣工
敷地面積 1,089.56㎡ 2,726.62㎡
延床面積 2,949.13㎡ 10,879.71㎡
建物形状 階数・棟数 地上7階 地下1階建 1棟 地上10階 地下1階建 1棟
構造 鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造
住戸の状況 総戸数 住戸35戸  住戸115戸
間取り 3DK~3LDK 1DK~3LDK
各戸専有面積 62.2㎡~78.9㎡ 40.4㎡~124.0㎡
建替え決議等 建替え決議を実施
事業手法 マンション建替法による建替え事業(組合施行方式)
仮住居の確保方法 民間賃貸住宅、都営住宅等
補助制度等の利用状況

利用無し

建替えを必要とした理由
建物の老朽化、耐震性能不足
特徴等

隣接施行敷地(国有地)との一体化による建替え

事業協力者選定後、東日本大震災により隣接国有地の建物が被災者の一時避難施設の検討に入り、売却の公示時期不透明に。2015年に入札公示予定が発表。
国有地(国有財産)処分のスキームが、公用・公共用の利用が優先され、受付期間内に応募がない場合に限り一般入札になるというものなので、優先希望者に建替えの実情を周知する旨の陳情を行った。
一般入札による取得は管理組合にはできないので、参加組合員の三菱地所レジデンスが取得。
但し、入札価格によって還元率が変わるため、事前に入札価格を仮定し、組合員の意向を再確認した。

建替えの経緯
2007年 7月 建替え推進決議
2009年 11月 三菱地所レジデンスを事業協力者に選定
2015年 12月 三菱地所レジデンスが隣接国有地を取得
2016年 2月 建替え決議
2016年 11月 建替組合設立認可
2017年 6月 権利変換計画認可
2017年 6月 解体着工

2018年

3月 本体着工
2020年 6月 竣工(予定)
コンサルタント・事業協力者等
設計 不二建設株式会社
コンサルタント 株式会社都市空間研究所
参加組合員 三菱地所レジデンス株式会社
その他 不二建設株式会社
 
建替え前   建替え後(完成予想パース)

<< BACK  
マンション再生協議会