TOP > 建替え事例 > 建替法による建替え事例 > 大宮高鼻町ハイツ
<従前資産評価や従前環境に配慮した建替え>
従前マンション名(供給元) 大宮高鼻町ハイツ(民間事業者)
所在地 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町
  建替え前 建替え後
建物建築時期 昭和55年(1980年)竣工 平成28年(2016年)竣工予定
敷地面積 1,842.77㎡ 1,846.20㎡(実測)
延床面積 4,453.58㎡ 8,397.47㎡
建物形状 階数・棟数 地上7階建 1棟 地上14階建 1棟
構造 鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造
住戸の状況 総戸数 住戸52戸 住戸100戸
間取り 2DK~4LDK 2LDK~4LDK
各戸専有面積 51.70㎡~93.86㎡ 53.98㎡~109.72㎡
建替え決議等 区分所有法第62条に基づく建替え決議を実施
事業手法 マンションの建替えの円滑化等に関する法律に基づくマンション建替事業(組合施行)
仮住居の確保方法 民間賃貸住宅等(参加組合員:大和ハウス工業関連会社による斡旋協力)
補助制度等の利用状況

なし

建替えを必要とした理由
築後約30年以上(建替え決議時)を経過し、居住水準も今日の一般的な水準を満たせない面が生じているため。
給水タンクやエレベーター等、設備の劣化が見られ、修繕工事を行う場合には多額の費用を要するため。
平成21年に耐震診断を実施した結果、建物の一部で耐震性能を満たしておらず、大地震では倒壊する危険性が高いという結果が出たため。
特徴等
従前の居住環境を確保するため、従前建物配置(南棟と東棟)を踏襲した配置計画
歴史ある氷川参道(緑道)に面した、立地・環境・景観に配慮した建築計画
住戸別効用格差と土地の共有持分割合の両面を考慮した個別従前資産評価
従前環境(南向き/東向き=緑道向き)の確保を希望する大多数の組合員に配慮し、優先順位を設けた住戸選定ルールの策定
平成23年の建替え推進決議以降、組合員の約1/3が参加する「建替え推進委員会」の精力的な活動による、全員同意の建替え決議
全体説明会と個人面談によるフィードバック等、きめ細かな権利者対応の実施
建替えの経緯
平成23年 10月 大和ハウス工業株式会社を事業協力者に選定
平成23年 12月 建替え推進決議
平成24年 3月 協同組合都市設計連合を事業推進コンサルタントに選定
平成25年 4月 建替え決議
平成25年 9月 大宮高鼻町ハイツマンション建替組合の設立
平成26年 10月 権利変換計画認可
    解体工事着工
    本体工事着工
平成28年 9月 竣工(予定)
コンサルタント・事業協力者等
コンサルタント ㈱都市設計連合
参加組合員 大和ハウス工業㈱
設計・監理 ㈱花岡都市建築設計
施工 川口土木建築工業㈱
評価 ㈱谷澤総合鑑定所
税務 ISパートナ-ズ会計事務所
 
建替え前   建替え後(完成予想パース)
大宮高鼻町ハイツ
<< BACK NEXT>>
マンション再生協議会