TOP > 建替え事例 > 建替法による建替え事例 > 山本団地
<分譲棟と賃貸棟の混在した団地における建替え>
従前マンション名(供給元) 山本団地(日本住宅公団)
所在地 大阪府八尾市山本町南
  建替え前 建替え後
建物建築時期 昭和31年(1956年)竣工 平成27年(2015年)竣工
敷地面積 1,791.35㎡ 2,225.58㎡
延床面積 1,028.20㎡ 4,439.81㎡
建物形状 階数・棟数 地上4階建 1棟 地上10階建 1棟
構造 鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造
住戸の状況 総戸数 住戸24戸 住戸59戸
間取り 2DK 3LDK~4LDK
各戸専有面積 37.65㎡(登記面積) 65.49㎡~82.14㎡
建替え決議等 建替え決議を実施
事業手法 マンションの建替えの円滑化等に関する法律に基づくマンション建替事業(組合施行)
仮住居の確保方法 一部地権者は団地内賃貸住宅を使用
補助制度等の利用状況

なし

建替えを必要とした理由
建物の老朽化とバリアフリーの未整備
耐震改修の必要性
区分所有者の居住が8戸のみで、16戸は空き家及び賃貸
特徴等
分譲棟1棟と賃貸棟5棟の混在した団地における一団地認定を解除した建替え
UR都市機構に竣工当初より管理業務を委託しており、管理組合がなかったマンションの建替え
UR都市機構の所有する敷地の一部(隣接施行敷地)434.23㎡を取り込んだ建替え
UR都市機構の団地再生(集約型)事業と協働して建替え事業を実現
分譲棟の建替えと団地再生の二つの事業を同時に実現化するために、「分譲棟、賃貸棟各単独所有にするための共有地の戸数按分による分割」、「建替え事業性の向上のための隣接施行敷地の設定」、「解体に伴う団地共有物(植栽・外灯・上下水道・集会室・給水塔等)の撤去」、「建築基準法第86条に基づく一団地認定の取り消し」等の課題を解決した
団地内のUR賃貸住宅を一部地権者の仮移転先住宅として使用
建替えの経緯
平成17年   UR都市機構と連携、協調して建替えの検討が始まる
平成21年 1月 山本団地北2号棟管理組合設立
平成23年 9月 UR都市機構と事業推進に関する基本協定の締結
平成23年 12月 全員合意により共有敷地を分割登記
平成24年 2月 建替え推進決議
平成24年 10月 事業協力者に㈱長谷工コーポレーションを、コンサルタントに㈱ユーデーコンサルタンツを選定
平成25年 6月 建替え決議可決(全員合意)
平成25年 9月 山本団地北2号棟マンション建替組合設立認可
平成25年 10月 UR都市機構と建替えに関する基本協定締結
平成25年 12月 権利変換計画認可、住戸明渡し
平成26年 1月 解体工事着工
平成26年 5月 一団地解除
平成26年 7月 本体工事着工
平成27年 9月 竣工、引渡し
コンサルタント・事業協力者等
コンサルタント ㈱ユーデーコンサルタンツ
設計アドバイザー アトリエシーム
事業協力者・参加組合員
設計・施工
㈱長谷工コーポレーション
隣接施行敷地所有者

独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)

 
建替え前   建替え後
山本団地
敷地図   敷地図
山本団地   山本団地
<< BACK NEXT>>
マンション再生協議会