TOP > 建替え事例 >建替法による建替え事例 > 調布富士見町住宅
<道路の付替えを伴う団地の建替え>
従前マンション名(供給元) 調布富士見町住宅(東京都住宅供給公社)
所在地 東京都調布市富士見町
  建替え前 建替え後
建物建築時期 昭和46年(1971年)竣工 平成27年(2015年)竣工
敷地面積 約12,507㎡ 12,446.42㎡
延床面積 約10,470㎡ 約35,060㎡
建物形状 階数・棟数 地上5階建 5棟 地上8階・地上6階 地下1階建 2棟
構造 鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造
住戸の状況 総戸数 住戸176戸 住戸331戸・ガーデンカフェ・キッズルーム
間取り 3DK+納戸 2LDK~3LDK
各戸専有面積 50.83㎡ 56.14㎡~94.64㎡
建替え決議等 一括建替え決議を実施
事業手法 マンションの建替えの円滑化等に関する法律に基づくマンション建替事業(組合施行)
仮住居の確保方法 民間賃貸住宅等、転出者割合約40%
補助制度等の利用状況 なし
建替えを必要とした理由
建物の老朽化(漏水事故の頻発・耐震性不安等)
バリアフリー未対応、エレベータなし
居住性の改善(洗面所・洗濯機置場がない、防犯性・通信設備の向上等)
特徴等
「一団地の住宅施設」により80%であった容積率を、地区計画の地区整備計画を制定することで、周辺と同じ200%とした
道路の付替えにより、敷地を最大限活用できるようにした
道路付替えの開発工事が完了するまで建築確認が下りず、また、道路付替え工事で生活インフラが使用できなくなる為、権利変換計画認可前の退去、仮住いとなった
建替えの経緯
平成18年   東京都住宅供給公社への償還完了、管理組合発足
平成20年 8月 建替え推進決議、旭化成ホームズ㈱開発営業本部(現:旭化成不動産レジデンス㈱)を事業協力者に決定
平成23年 3月 一団地規制の廃止、地区計画・地区整備計画制定
平成23年 12月 一括建替え決議成立
平成24年 5月 マンション建替組合設立認可(調布市第一号)
平成24年 7月 居住者の退去
平成24年 8月 付替え道路工事着手
平成25年 2月 道路(第1期工事)完成、建築確認申請提出
平成25年 4月 権利変換計画認可、解体工事着工
平成25年 7月 本体工事着工
平成27年 5月 竣工
コンサルタント・事業協力者等
コンサルタント なし
参加組合員 旭化成不動産レジデンス㈱
 
建替え前   建替え後
調布富士見町住宅 アトラス調布
調布富士見町住宅 アトラス調布
建替え前の敷地配置図   建替え後の敷地配置図
調布富士見町住宅敷地配置図 アトラス調布敷地配置図
<< BACK NEXT >>
マンション再生協議会