TOP > 建替え事例 > 建替法による建替え事例 > 川崎駅北口地区第二街区10番地地区

<優良建築物等整備事業(共同化タイプ)を利用した4敷地一体化建替え>

事業名 川崎駅北口地区第二街区10番地地区
所在地 神奈川県川崎市川崎区駅前本町
(供給元) 建替え前(民間事業者) 建替え後
従前マンション名 京浜駅前共同ビル 波田野中村ビル 隣接施行敷地  
建物建築時期 昭和45年(1970年) 昭和46年(1971年)  - 平成24年(2012年)
敷地面積 約423u 約113u  約238u (2敷地) 約774u
延床面積 約2,352u 約487u - 約7,370u
建物形状 階数・棟数 地下1階 地上5階建 1棟 地上5階建 1棟  - 地下1階 地上12階建 1棟 
構造 鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造 - 鉄筋コンクリート造
住戸の状況 総戸数 15戸  5戸 - 5戸
間取り 3DK 3DK - 1LDK+1K、1LDK、
3LDK 
各戸専有面積 33u〜42.06u 38.16u〜52.37u - 約50u〜約81u
建替え決議等 区分所有法第62条に基づく建替決議(全員合意)
事業手法 マンションの建替えの円滑化等に関する法律に基づくマンション建替事業(組合施行)
仮住居の確保方法 各自にて確保
補助制度等の利用状況 優良建築物等整備事業(共同化タイプ)
事業推進資金用には全国市街地再開発協会債務保証による民間借入
建替えを必要とした理由
築40年が経過した建物で、新耐震設計基準を満たしておらず耐震性も低い事から地震時において危険な状況であった。また、給排水等の設備の劣化が激しく、点検や交換も困難であった。
特徴等
2つのマンションと隣接する敷地(2敷地)をあわせた建替事業。
商業、業務、共同住宅の3用途複合建物
事業資金を金融機関から融資調達。
地権者にて株式会社を設立し、商業床(権利床)を民事信託。
建替えの経緯
平成19年 1月   建替推進決議成立 推進協議会設立
平成20年 5月 区分所有法による建替決議成立
平成20年 8月 事業協力者選定
平成21年 4月 建替組合設立認可
平成21年 8月 権利変換期日 建物解体着手
平成22年 2月 本体工事着手
平成23年 8月 工事完了
平成24年 1月 マンション建替え事業完了
コンサルタント・事業協力者等
コンサルタント 潟Wーエー建築設計社
事業協力会社 叶V日鉄都市開発(現 新日鉄興和不動産梶j
 
建替え前   建替え後
川崎駅北口地区第二街区10番地地区
クリエ川崎
<< BACK NEXT>>
マンション再生協議会