TOP > 建替え事例 > 建替法による建替え事例 > 花咲団地
<全員合意による団地の建替え>
従前マンション名(供給元) 花咲団地(日本住宅公団)
所在地 神奈川県横浜市西区花咲町
  建替え前 建替え後
建物建築時期 昭和33年(1958年)竣工 平成24年(2012年)竣工
敷地面積 約8,520u 約13,614u
延床面積 約5,953u 40,349.34u
建物形状 階数・棟数 地上4階建 4棟 地上10・11階 地下1階建 3棟
構造 鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造
住戸の状況 総戸数 88戸 368戸 
間取り 3DK 1LDK〜4LDK
各戸専有面積 48.33u(登記簿、全戸同規模・同一プラン) 51.61u〜118.01u
建替え決議等 区分所有法第70条に基づく一括建替え決議(全員合意)(平成20年2月24日)
事業手法 マンションの建替えの円滑化等に関する法律に基づくマンション建替事業(組合施行)
仮住居の確保方法 周辺の賃貸マンションを斡旋
補助制度等の利用状況 利用なし
建替えを必要とした理由
修繕・改修工事を実施した場合でも、段差の解消やエレベーターの設置等、修繕改修工事では改善できないものがあり、時間の経過とともに更にマンションは老朽化し、その後の修繕・改修費用は、増大されるものと考えられる。また、建替えを行わなかった場合は、耐震補強などの工事は、早急に実施する必要がある。
一方、建替えを実施した場合には、区分所有者が期待する水準の改善を実現することができ、効率的に建物が通常有すべき効用(例えば、耐震補強やエレベータの設置など)の確保が可能となる。
特徴等
隣接施行敷地の取得
横浜市の環境設計制度、開発許可、一団地認定
里道の時効取得、払下げ
区分所有以前の権利形体(ポンプ室、階段室、ダストシュートの登記有・名義残り含む)
団地型
UR都市機構の団地、一部UR所有(賃貸・37戸)
管理規約の改正(規約供用の改正)
建替えの経緯
平成11年 6月   花咲団地管理組合設立
平成13年 10月 花咲団地住宅改善検討委員会を発足させ、団地の再生に向けた検討を開始
平成14年 3月 花咲団地建替計画委員会を発足
平成17年 7月 建替え推進決議可決(組合員の4分の3以上の賛成)
平成17年 9月 建替検討委員会による検討開始
平成18年 3月 建替えコーディネート業務をUR都市機構が委託
平成18年 11月 事業協力者として、叶V日鉄都市開発(現:新日鉄興和不動産梶j、三菱地所梶A戸田建設梶A鞄建ハウジングシステムのグループを選定
事業コンサルタントとして鞄s市空間研究所が加わる
平成20年 2月 建替え決議可決(全員合意)
平成20年 7月 花咲団地マンション建替組合認可
平成21年 12月 権利変換計画認可、着工
平成23年 10月 竣工
コンサルタント・事業協力者等
コンサルタント 鞄s市空間研究所
事業協力会社

叶V日鉄都市開発(現 新日鉄興和不動産梶j、三菱地所梶A戸田建設梶A鞄建ハウジングシステム

 
建替え前   建替え後
花咲団地
横濱紅葉坂レジデンス
<< BACK NEXT >>
マンション再生協議会