TOP > 建替え事例 > 建替法による建替え事例 > 下連雀住宅
<一団地の住宅施設の廃止による建替え事例>
従前マンション名(供給元) 下連雀住宅(東京都住宅供給公社)
所在地 東京都三鷹市下連雀
  建替え前 建替え後
建物建築時期 昭和44年(1969年)竣工 平成22年(2010年)竣工
敷地面積 約3,993.86u 約3,988.1u
延床面積 約3,907.2u 9,274.19u
建物形状 階数・棟数 地上5階建 2棟 地上8階 地下1階建 1棟
構造 鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造
住戸の状況 総戸数 79戸 108戸+店舗事務所1戸 
間取り 3DK 1DK〜4LDK
各戸専有面積 42.07u 41.40u〜128.28u
建替え決議等 平成19年9月30日法定説明会、平成19年11月25日一括建替え決議集会
事業手法 マンション建替えの円滑化等に関する法律に基づくマンション建替え事業(組合施行)
仮住居の確保方法 提携業者の紹介、自身(民間、UR、都営等)で探す場合のサポート
補助制度等の利用状況 利用なし
建替えを必要とした理由
竣工後38年が経過した建物で、新耐震設計基準を満たしておらず、構造上危険な状況にあった。
高齢者が多いにもかかわらず、エレベーターが設置されていない。
住宅内部を含め設備の旧態依然とした状況などについて改善工事を行うより、建替えた方が効率的に住環境の改善が図れると判断したため。
特徴等
「三鷹市特別都市型産業等育成地区内における建築制限に関する条例」に基づき、店舗・事務所を併設することにより、容積率200%を利用可能となった。
建替えの経緯
平成16年 9月   理事会にて住宅再生検討委員会立上げの必要性について意見が出る
平成18年 2月 建替え検討と建替計画委員会の承認(臨時総会)
平成18年 6月 コンサルタント会社承認(定期総会)
平成18年 2月 事業協力者決定
平成18年   建替え決議までに、説明会4回、個別面談3回を実施した
平成19年 11月 建替え決議成立
平成20年 4月 マンション建替組合設立認可
平成20年 8月 権利変換計画認可
平成20年 9月 解体着手
平成22年 3月 工事完了
コンサルタント・事業協力者等
コンサルタント (株)アークブレイン
事業協力会社 旭化成ホームズ(株)開発営業本部(現:旭化成不動産レジデンス梶j
 
建替え前   建替え後
下連雀住宅
アトラス吉祥寺
<< BACK NEXT >>
マンション再生協議会