TOP > 建替え事例 > 建替法による建替え事例 > 高野台サブ近隣センター

<円滑化法による権利変換と隣接施行敷地の等価交換の合併による建替え>

従前マンション名(供給元) 高野台サブ近隣センター(大阪府外郭団体)
所在地 大阪府吹田市高野台
  施行マンション 隣地施行敷地 施行再建マンション
建物建築時期 昭和41年(1966年)竣工 昭和41年(1966年)竣工

平成19年(2007年)竣工

敷地面積 324.24u 2,640.81u

2,965.05u

延床面積 1,183.98u 403.98u 7,156.56u
建物形状 階数・棟数 地上4階建 1棟 地上3階建 5棟 地上7階建 1棟
構造 鉄筋コンクリート造 軽量鉄骨造 鉄筋コンクリート造
専有区画の
状況
総区画数 店舗7戸、住宅19戸 店舗2戸、住宅3戸

店舗12戸、住宅58戸

間取り 1DK、2DK、3DK - 3LDK、4LDK
住戸専有面積 19.25u〜57.75u   平均78.9u
建替え決議等 なし
事業手法等 マンションの建替えの円滑化等に関する法律に基づくマンション建替事業(個人施行)
仮住居の確保方法 各自にて確保
補助制度等の活用状況 なし
建替えを必要とした理由

設備老朽化、漏水、バリアフリー対応の困難要因

特徴等 ・官民協働での事業推進(周辺道路整備、福祉系施設の運営、地区計画の導入)
・隣接地と一体となった建替え (隣接地の大部分は、大阪府外郭団体所有の空地)
・デベロッパー導入に市街地再開発事業の手法を導入
・建替法による権利変換と隣接施行敷地の等価交換の合併事業
・隣接施行敷地で建設工事先行着工 (既存建物を残存させ仮住居期間を短縮)
建替えの経緯
平成8年   核店舗のスーパー撤退
平成9年   大阪府外郭団体により再整備基本計画作成、建替えに向けた検討会開始
平成14年度   地元準備組織づくりへ本格始動
平成16年 6月 地元組織(建替促進協会)結成
平成16年 9月 事業協力者(個人施工者)決定
平成17年 12月 事業計画認可申請
平成18年 2月 事業計画認可、工事着手
平成18年 5月 権利変換計画認可申請
平成18年 7月 権利変換計画認可
平成19年 3月 施行再建マンションの竣工
コンサルタント・事業協力者等

コンサルタント     :(株)ユーデーコンサルタンツ
事業協力者(個人施行者):日本エスリード(株)  

 
施行マンション   隣接施行敷地

高野台近隣サブセンター

高野台近隣サブセンター 隣接施行敷地
建替え後 建替え後エントランス 敷地区分図
エスリード高野台 エスリード高野台 敷地区分図
事業スキーム
事業スキーム
<< BACK    NEXT >>  
マンション再生協議会